インドエステ

昨日インドエステに行ってまいりました。

もはや臨月越えの体重をどうにかせんといかん、ということもありますが

自覚はないがどう考えても体冷えてるんでしょうな、ということと

体重増加にも関係しますが、おそろしく代謝が悪い状態だろうということで

インドエステに行くことを決意した次第であります。

エステ、というジャンルですが

リラクゼーションではない。リラックスなどとてもしていられない。

まずは今回初回なので丁寧に1時間ぐらいカウンセリング。

そこでオレの生活は全く褒められたものではないことが発覚。

ま、毎日酒飲んで夜中2時に寝て朝7時に起きる。水分摂取少な目。

この十年右肩上がりの体重増加は当然の結果ともいえましょう。

カウンセリングの後、紙パンツ一丁でサウナへ。サウナでぼーっとしといたらいいのかと思いきや、

担当の方もろとも入り、謎のジェルを塗りながらマッサージをうける。力強め。

いや、エステティシャン労働激しすぎ。

その後、ベッドに移動。ホットなシートにくるまれて発汗を促される。

何分か後に足部分だけシートをはがし、オイルマッサージ。

これがハンパない。オレ結構痛みには強い方だと思っていたが

撤回いたします。おぎゃー、うぎょー、ぴえーという心の叫びが態度に出てしまいますね。

痛いところは悪いところ。足つぼマッサージと同じ結論であります。

ももの内側が特にきびしかったっす。さらにお尻や腕、お腹もシートをはがしてはマッサージ、終わってはシート閉じを繰り返す。

結局このおそろしいパワーマッサージは脂肪の塊をつぶしにかかっているということであり、

つまりオレ、全身結構な脂肪の塊がある、ということなのであった。

エステの人いわく、「見た目は色白でマシュマロ風なのにとても固い」

がーん。やばすぎますやん。マシュマロコーティングの雷おこして最悪やん。

全体マッサージ終了後、シート全体をはがすと大量の汗が。

もちろん途中で水分摂取は可能。

最後にシャワールームでオイルを洗い流して終了。

施術後、1Kgぐらい体重減ってました。体脂肪率も減っておりました。(36%→35%)

これを週1ペースで3カ月ぐらいは続けましょうということであった。

「とてもやりがいがあります」

出た。整体に次いで、ここでも施術者のやりがいを引き出すオレの体って。

汗をかいたのでとにかくのどが渇く。

カフェインをふくまないものがよいと言われたのでいろはすを買ってぐびぐび飲み、

電車降りる頃にはほとんどなくなっていた。

そして家でお風呂入る前にちらっと鏡を見ると

背中に力強いマッサージの跡が。内ももも赤くなっておりました。

全身筋肉痛のような状態であります。

さ。これをしばらくの間繰り返すわけです。

徐々に楽になりますとは言われましたが

痛いのが苦手な人にはお勧めしません。

お肉と脂を減らそうという強い意志が必要です。

あとお金もね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする